星の数ほどあるFXテクニカル手法、どれを使ったらよいかわからず困りますよね?
今回は移動平均線(EMA)を利用した手法がぶっちゃけ儲かるのかどうかを検証してみる記事です。

こんにちは。
FX初心者のTakaです。

今回は移動平均線を利用したテクニカル手法にチャレンジします。

移動平均線といっても単純移動平均線や加重移動平均線、指数移動平均線など様々な種類があり、ひとつひとつ勉強するのも時間がかかるので「経験に勝るものなし」の精神で挑戦してみようと思う。

今回ピックアップしたのは、

指数移動平均(EMA)

これを使って取引をしようと思う。

ポイント
使用するテクニカル手法
 指数移動平均(EMA)
採用した理由
 簡単そうだったから。



というわけで
Let’s Do It!!

移動平均線(EMA)を使った取引のルール

さて、早速今回の実験の進め方について説明します。

ルールはいたってシンプル。

以下の通りやってみた。

今回のルール
 EMAの線の上にローソク足がつきぬけたら買い
 EMAの線の下にローソク足がつきぬけたら売り

下記画像の通りだ。

※真ん中に走っている赤い線が移動平均線(EMA)です。

実際に自己資金を投入して一週間「移動平均線を使ってFXをやってみた」記録の全てを公開します。
全ての取引履歴や最終的にいくら儲かったのか、損をしたのか、やってみた感想などを伝えていきます。

いきなり問題発生!!移動平均線が3本もある!?【FX取引1日目】

1/29(月)仕事もそこそこで引き上げて、期待を胸いっぱいに膨らませていざ尋常に勝負!
DMMFXのアプリを立ち上げ、ワクワクしながらチャートの画面を開き移動平均線(EMA)をセット!

いきなり問題が発生。

Taka(目ん玉)

な、な、なんだこれ!??
EMAの線が3本あるじゃねえかああああ!!!ぬおおお!!こんなの聞いてないぞ!?

インターネットでみたサイトには一本しか線が通ってなかったのに3本も通ってやがる…。




しかもよーく見てみたところ上の方に移動平均1(10)、移動平均2(25)、移動平均3(75)と書いてあるのを発見。
茶色、緑色、青色となっているので、それがそれぞれの線の色を表しているのはすぐにわかった。
ぶっちゃけ、そのカッコ書きの中の数字が何を表しているのかわからなかった。

Taka驚

ま、いっか!1本も3本もカンケーねえ!3本の線より上に来たら買い、その逆は売りだ!

鼻息フガフガさせながら、早速エントリー。

19時25分に108.643円で「」!!

石原裕次郎ばりの貫禄で、完全にもらった気になっていた。

Taka(笑)

・・・


Taka(ふてくされ)

!?!?


Taka(泣)

!!!!!!?

「売」で入った途端に価格は上がり続ける一方。

Taka(ふてくされ)

なんでやねん!!

先週失敗し、しばらくオカズ抜き生活を余儀なくされることとなった忌まわしい過去の記憶が想起された。

Taka(目ん玉)

キィェェェェ!!!
さがれええええええ!!

下がれと言って下がるわけもなく無常にもあがりつづける。
上がっていくチャートに耐えられず108.701で買い戻した。

幸先悪すぎなスタートに早くも「このやり方は間違っているのではないか」と不安に思い始める。

しかし、こんなところで腐っていても仕方がない。

もう一度気を取り直してチャートを確認したところまた下がって来てるではないか!!チャンス!!

108.659『売』

またもや反発して上がっていくチャート

Taka(目ん玉)

F 〇 C K!!!

自分が売った途端にあがっていくのが不思議でならなかった。

今回はいつか下がると思って決済せずに我慢したがマイナス1,000円となったところで決済をした。

Taka(泣)

1580円失った。もうお先まっくらや…。

幸先が悪いにもほどがある。

自分はFXに向いてないのではないだろうかと考えながらこの日はふて寝した。

ついに移動平均線攻略!?【FX取引2日目】

朝起きて会社に着くまで色々と考えていた。

Taka驚

何がダメだったんだろうか。

昨日の状況を整理してみる。
3本の下にチャートがあったのだからこれからは下がると思って売りでエントリーした。

しかし、下がらずに上がったため損失が出た。それを繰り返した。なぜ下がらずに上がったのだろうか。昨日のチャートを眺めてみる。

上がったり下がったりしているこのチャートを見ているとあることに気がついた。

茶色の線と緑の線が交差するところから流れが変わってるぞ…?

茶色(10EMA)が緑色(25EMA)を上から下に交差するときは、価格が下がる傾向にあり、その逆は上がる傾向にあることに気がついた。

価格は上がったり下がったりの連続である。
その流れの変わり目が、茶色(10EMA)と緑色(25EMA)の交差するポイントであることに気がついた。

Taka(目ん玉)

ついに見つけたぜ!
金の成る木!

ついに独自の理論に辿りついた自分。えらい、えらいぞ俺!

自画自賛しているうちに会社に着いた。

早く仕事を終わらせてこの理論を試したい!と思っていたが、この日は飲み会があったのでなかなかトライすることができなかった。

遂にしびれを切らしてしまい、2次会の途中でエントリー。

ポチっ 108.683『売』

上のチャート画像のとおりまさに茶色の線が緑色の線を下に交差しようとする瞬間であった。

もう損を出したくないというイモり精神が発動。

利益が出ているうちに決済。
108.683『売』を108.674で買い戻した結果、90円のプラスとなった。
この理論はイケるのではないかと手ごたえを感じた1日であった。

値が飛んで大損失!?【FX取引3日目】

今日もひきつづきTAKA理論を使用する。

ポチッ 108.840『売』

108.830、108.820、108.810と順調に価格が下がっていく。
これはイケる!!そう思った矢先!

Taka(目ん玉)

ふぁっ!!???



108.810から108.908まで値が飛んだのである。

概算損益がプラス300円から一気にマイナス700円になった。
いったい何が起こったのかわからなかった。

その後価格がまた下がってくると信じて待っていたが下がることはなく、あれよあれよと上がっていってしまい、1280円の損失を出してしまった。


取り戻さなければ・・・!

今度は108.891『買』でエントリー。

108.950くらいまでスルスルと価格はあがっていき、損益はプラス600円近くまでいった。

Taka(目ん玉)

遂にきた!
やっぱりこの理論は金の成る木なんや!!

ワクワクしながらチャートを眺めていたところ、期待に反しどんどん価格が下がっていく。



絶対にマイナスで終わりたくない!

ポチッ。

プラス40円

しょぼーん(´・ω・`)

利益確定のタイミングの難しさを思い知った。

Taka(泣)

600円も利益を出していたのに40円になるなんて悲しすぎるぜ。

しかし、タイミングさえ間違えなければやはりこの理論はある程度通用するのではないかと自信に変わっていったのも事実だった。

3回目のエントリーは、なんと2分で350円の利益を出すことができた。
最初の値が飛んだ1280円を取り返すことはできなかったが、なんとかそれらしい利益を出すことができた1日であった。

移動平均線のポイントは入射角!?【FX取引4日目】

本日1回目のエントリーは19時33分。

109.624『売』

下げ傾向だったがすぐに反転し、どんどんと上がり続けた。

また1000円超の損失を出してしまうのではないか、という恐怖におそわれたためマイナス440円のところで損切りをした。

そのままどんどん上がり続けたので今度は109.664『買』でエントリーした。

そのまま上がり続けたものの、途中で失速したため、300円くらいのところで利確をした。前日と同じパターンであるが、これもタイミングによっては500円くらいの利益にはなっており、またしても利確のタイミングの難しさを痛感したのであった。

ただ今日はあることに気づいた。

Taka(怒)

茶色の線(10EMA)の入射角が甘いと反転する可能性が高い気がするなあ。

入射角が鋭い=勢いが強い、という仮説にたどり着いた。

隙間時間で取引!!【FX取引5日目】

この日は用事があったため、隙間時間で1回エントリーをした。

109.790『買』でエントリー。

すぐに価格があがり始めて良い流れだったもののずっとチャートを見れる状況になかったため109.803で決済し、130円の利益が出た。

収支

移動平均(EMA)を使ったチャレンジはあっという間に終わった。
結果は以下の通りです。

結果は2390円の損失となってしまった。

ただ、TAKA理論を発見する前の1日目(1580円)と値が飛んだ3日目の事件(1280円)を除くと利益が出ているということになる。

今回の実験を通して感じたことは損切りと利確のタイミングの難しさである。

利確と損切のタイミングについて良いルールが作れれば十分に儲けられる手法と感じた。

非常にシンプルな取引手法のため超初心者にもオススメしたい。
※あくまでもやってみた感想で保証はできませんので、自己責任でお願いします。