前回の検証に引き続き、じぶん銀行のAI外貨予測を使った取引をやってみた。

前回は1時間単位の取引だったが、今回は1営業日単位での取引だ。

1時間単位の取引では驚異の勝率100%を叩きだしただけに非常に期待が高く、意気揚々と挑戦した一週間の記録を全てお見せします。

TakaのFX史上の大惨事になることをこの時は知る由もなかった・・・

じぶん銀行AI外貨予測を使った今回の取引手法の紹介

前回に引き続きじぶん銀行のAI外貨予測を利用した。
ただし今回は1時間単位ではなく1営業日後の予測を使って取引する。

1営業日後の予測は4時間おきに更新され、更新時点から1営業日後の高値と安値が表示され、どちらに何%の確率で転ぶかが表示される。(※画像参照)

Taka(怒)

日中は仕事があるから17時半以降の取引とするか・・・!

【1日目】検証初日からいきなり大損失!?波乱の幕開け【じぶん銀行AI外貨予測検証】

2月12日(月)は振替休日であったため、日中にエントリーをすることにした。

13時時点の予測を確認してみる。

画像を参照してもらえるとわかるが、1営業日後(翌日13時)に59%の確率で109.08円まで上がるというものであった。
(この予測が出た時点では108.700円付近)

前回の実験(じぶん銀行のAI外貨予測をもとにした1時間後の予測)で実感したことだが、59%はなかなか高い確率である。

Taka(目ん玉)

この勝負もろたぁっ!!
ボロ儲け間違いなしやで!!

ぽちっ

このクリックが地獄の一丁目だったとは筆者はまだ知らない・・・

1時間後の予測を使った取引であれば長くとも1時間以内に決着がつくので精神的に楽であったが、今回は1営業日後まで待たなくてはならず、すぐに結果がわからないもどかしさや、価格が上下する度に一喜一憂するため精神的ダメージを与えてくる。

もちろんその場で決済することはできたが、いきなりルールを破るワケにもいかないので1営業日後までしっかりと寝かすことにした。

翌日の朝

翌日、会社の昼休みに決済のタイミングはやってきた。

昨日エントリーした分はどうなっているのだろうか。

ドキドキとワクワクでアプリをを開いてみた。



−1315円




何ということだろうか。

いきなり出鼻をくじかれた感じとなってしまった。

Taka(泣)

くそっ!!

かなり悲しい結果となってしまったが、もちろんAIは万能というわけではない。

残念ではあるが、私があれこれ考えるより勝率が高いことは事実であろう。

午後からの仕事のやる気が若干下がったのは言うまでもないが、2回目のエントリーに備えるべく仕事を早めに終わらせようと気分を切り替えた。

月曜日13時から火曜日13時にかけての取引結果は画像の通りだ。

【2日目】リベンジなるか!【じぶん銀行AI外貨予測検証】

Taka(ふてくされ)

昨日は1315円の損失を叩いてしまった・・・
今日こそはリベンジや!!

アプリを開き21時時点の予測を確認してみた。

緑のニコちゃんマークだっ!!!!

57%の確率で1営業日後に107.95円まで上がるという予測だ。

昨日よりも確率は低いものの、取り戻したい一心で21時の予測と同時に『買』でエントリー。

Taka(ふてくされ)

今回こそはあがってくれ!!
頼む!!

いちいちチャートを見ていると精神的につらくなりそうだったので、今回は明日の21時まで見ないようにした。

翌日仕事もそこそこで終わらせ、19時半頃に帰宅した。

晩御飯を食べ、溜まりに溜まったカッターシャツのアイロンがけをテレビを見ながらこなしていった。

そうこうしていると運命の21時はやってきた。

恐る恐るアプリを開くとそこには驚愕の数字が表示されていた。



−2695円





Taka(目ん玉)

昨日より大きい損失やないか!!

Taka(泣)

2日連続の赤字・・・もう破産や・・・
ワテにはFXの才能がないんや・・・

この辺りから1営業日後の方法はダメなのかもしれないと思い始めたが、たまたま運悪くマイナスが続いてしまっているだけかもしれない。

前回がうまくいきすぎていただけでこれが平常運転なのかもしれない。

とりあえず2日だけで決めつけるのは早計なので、残りもしっかりとやっていこうと思った。

【3日目】50/50【じぶん銀行AI外貨予測検証】

2回目の精神的ダメージも残ったままであったが、すぐに次のエントリーにとりかかった。

しかし、予測を確認すると今までは見たことない確率が載っていた。

50/50と表示されていた。

今までやってきた中でこの数値に出会ったことがなかったので、少し戸惑ってしまった。

AIくん「ん〜、上がるか下がるか、まあ半々やね( ◠‿◠ )」

Taka(目ん玉)

そんな予測いらんわいっ!!!

どちらに転ぶかAIが判断できない状態で博打のようにどちらかにエントリーすることはできなかった。
機械もわからないと判断したのだからその判断におとなしく従うことにした。

【4日目】50/50【じぶん銀行AI外貨予測検証】

1営業日後のエントリーの場合、金曜日分のエントリーが土曜日にさしかかってうまく機能しないため、今回が最後の挑戦となる。
昨日は取引することなく終わったため、気分も新たに挑戦した。

スーパーに買い物に行っているとうっかり21時を過ぎてしまった。

1営業日後に107.05円に上がる確率が66%と予測が出ており、かなり高確率であったため非常に期待が持てた。

Taka(怒)

今週の負け分、吹っ飛ばしてくれるわい!!

予想通りに推移すれば、3500円ほどを勝つ計算だ。

気持ちも高まったところで「買」エントリー

Taka(目ん玉)

頼む伸びてくれ!!!

エントリーにこれでもかという想いを込めた後、この日はそれ以上アプリを開くことなく寝た。

翌日、いつも通りに仕事をしていると何やら携帯の通知がブーブーなっている。

さすがに気になりチラ見してみると、

米ドル/円、106円割れ!(2016年11月以来)

この文字をみて、大きくチャートが動いていることはわかった。
問題はどちらに転んでいるかであった。

たしか機能エントリーしたのは106.7ぐらいだったなあと思いつつ、恐る恐る画面を開くと−10000円の文字があった。

Taka(笑)

あっはははー♫

さすがに笑うしかなかった。

取引を始めてからこんな数字を見たことがなかったからである。

しかしマイナス10000円で決済するワケにもいかず、ただただ画面を眺めていた。

しかし、今週は負け続けていたせいか、ここまでくればもういっそどこまで行くのか見てみたいという気持ちになり、負け額などどうでもよくなってしまった。

大幅に負けるのもよし、金額が戻って負け額が少なくなるのもよし。全ては21時時点の価格にかかっていた。

そして運命の時がやってきた。
いくらになっているかと色々な意味で楽しみであった。

結果は−5930円であった。

昼に−10000円を見ているせいかかなり安く済んだなと不思議と思えた。
普通に考えるとかなり痛い金額であるが、この時は感覚が麻痺をしていた。

この日の取引だけで、前回1週間分の勝ち分が吹っ飛んでしまった。

やはりFXは恐ろしいものであるなと感じた瞬間であった。

全体を通しては上図のような感じで、13時頃に一気に下がっているのがわかる。

昨日売りでエントリーして、13時頃に決済をしていたらと思うと恐ろしいが、AIに従うと決めたのだから仕方がない。

この日は異常で106円を割りに行った日だから仕方がないと思うしかない。さすがにこんなパターンは年に何回も起こるわけではなく、統計的にこのパターンは珍しいからAIも予測することはできなかったのであろう。

まとめ【じぶん銀行AI外貨予測検証】

今週1週間は負け続けた週であった。

勝ちがあれば負けもあるので当然仕方がないが、もう少し負け額が少なければよかったと正直思ってしまう。

週の頭には108円台であったものが、下がりに下がって、105円台に突入してしまった。
それを全て買いでエントリーしているともちろんこの結果になるというものだ。

AIがここまで予測を外すことは珍しいかもしれないが、とにかく今回は大はずれの連続だった。

もちろんたまたまチャレンジした週が悪かった可能性はある。
やはり1日中ずっとポジションを持ち続けるというのはかなり精神的にもくるし、できれば短期間で決済できた方が良いのではないかと思った。

今回は実験なので1日中持っていたが、都度チャートの動向をチェックしてその瞬間に決断をした方がいいのではないかと思う。

現時点では勝ちが1つもなかったので、じぶん銀行AI外貨予測を使った1営業日単位での取引はオススメできない。タイミングが悪かったということも大いにあるかもしれないが、こういった珍しいタイミングにおいての取引にはあまりあてにならないということの裏返しかもしれない。これが通常時においてはちゃんと機能していたかもしれないので、また別の機会に仕切り直してチャレンジしてみたいものである。