今回もTakaはネタに困り、マミに相談してみた。

Taka(ふてくされ)

マミ!ネタ切れだ!次の試してみる手法はないか?


まみ爆

毎週ネタ切れ状態ね(笑)
じゃあ、テクニカル分析を順に試していくのはどうかしら?


Taka驚

テクニカル分析?


マミ(笑)

テクニカル分析とは過去のチャート上の値動きにパターンやトレンドがないかを見つけるためのツールよ。
いろいろなテクニカル分析があるから一度調べてみたら?


Taka(怒)

なるほど。
もしかして移動平均線もテクニカル分析のひとつ?


まみ笑2

そうね!
あれはローソク足の高値と安値を平均して値を追っていくグラフで、「買い相場」なのか「売り相場」なのかを見極めるテクニカル指標よ。
他にも色々あるからやってみてよ!


Taka(笑)

よし!
いっちょ調べてみるか!

ということでテクニカル分析について調べてみたところ「一目均衡表」というテクニカル指標と出会った。

どうやら日本で発明された分析手法のようだ。

Taka(目ん玉)

MADE in JAPANならマチガイねえZE!!

ということで、一目均衡表を使ってFX取引を実践してみることにした。

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは

さっそく一目均衡表について軽く調べてみた。

Taka驚

一目山人(ペンネーム)という人が発明したのかあ。
変なペンネームだなあ・・・。

一目山人さんは、売り手と買い手のどちらが勝っていてどちらが負けているかという相場の状態を知れば、相場を制することができると考えました。

そして、その相場の状態を一目瞭然にチャート上に表したものが一目均衡表です。

早速チャートに一目均衡表をセット!

Taka(ふてくされ)

なにやら線が多くて正直一目見ただけではわからんわ!
どこが一目瞭然やっ!

ふてくされつつ、もうちょっと調べてみました。

Taka驚

ふーむ。
どうやら5つの線で構成されているようだ!

基準線、転換線、遅行線、先行スパン1・2の5本です。

さらに調べていくと三役好転という言葉を見つけました。

三役好転とは?
以下の3つが揃った状態を三役好転といい、
上昇相場となる兆しを示している。
①転換線が基準線をこえる
②遅行線がロウソク足の上にある
③ローソク足が雲を抜ける

この逆パターンを三役逆転と呼び、売りのタイミングとなります。

Taka(怒)

要はこれで売り買いのタイミングがわかるというわけか!
無敵の武器を手に入れたぜ!

早速これを使ってやってみようと思いましたが、なかなかそのタイミングが揃うときも少なかったため②と③は一旦置いておいて①の条件が整ったタイミングにエントリーをすることにしてみました。

一目均衡表、1日目【いきなり利益GET!?】

しっかりと幸先のいいスタートを切って、今週のチャレンジに弾みをつけたいところ。

仕事終わりにチャートを確認してみました。

Taka(怒)

うーむ。
なかなか基準線と転換線の変わり目があらわれないなあ。

晩ご飯を食べたり風呂に入ったりしながらチャートをチェックしていると、ついにそのタイミングがやってきた。

22時過ぎに基準線と転換線が重なったのでエントリー!

Taka(目ん玉)

転換線が下から上がってきて基準線を突き抜けようとしているので、買いでエントリーや!!

どこまで上がっていくかはわからないため、一旦10pips(自分の場合1,000円)までいけば利益確定するつもりでエントリー。

順調にチャートは右肩上がりとなり、11時頃に目標の1000円を超えたので利益確定をしました。

しっかりと転換線が基準線を上に抜けていっていることが見て取れます。

106.537でエントリーし、106.662で決済し、1250円の利益を出すことができました。

Taka(笑)

いきなり利益を出せるなんて、幸先のいいスタートやで!!

基準線と転換線が交わるタイミングはそんなに頻発しないことからこの日はこのエントリーのみで終了。

一目均衡表、2日目【連勝なるか!?】

昨日に引き続き、連勝といきたいところ。

Taka(目ん玉)

俺は最強の武器『一目均衡表』を手に入れたんや!
今日も狩りにいってくるぜ!!

23時15分頃に転換線が下抜けそうなタイミングであったため、売りでエントリー。

その後すぐに下がり始めたが、結局上がったり下がったりを繰り返し、1時過ぎからあがり始めた結果、
107.118でエントリーし、107.261で決済をし、1430円のマイナスとなってしまいました。

Taka(泣)

一時10pips近く価格が下がったのに、戻ってくるなんて悔しい!!

損切りは基準線と転換線を超えてローソク足が確定したら切ると決めていました。

1000円を利確タイミングに置いていたためもう数pipsで利確できたのに、非常に悔しい思いをしました。

Taka(怒)

やはり利確と損切りのポイントをどこに置くかはかなり難しい・・・

結局昨日の勝ちをパーにしてしまう形となってしまいました。

一目均衡表3日目【新たな発見】

収益がほぼとんとんになってしまったため、今日はなんとか勝ちたいところ。
22時から予定があったため、それまでに機会をうかがっていたところ21時にチャンスが回ってきました。

21時1分に107.497で買いエントリーしました。

基準線が上抜けそうだったので買いで入りましたが、その後緩やかに下がり、基準線と転換線を割ってローソク足が確定したため21時25分で決済をしました。

短い期間ではありましたが、107.448で決済し、490円の損失が出ました。

Taka(泣)

またしても損失・・・

転換線が基準線を超える際に、移動平均線と同じように入射角が甘いと今回のように値動きが大きくなく、緩やかな動きを見せて終わりといった形になるのかもしれません。

一目均衡表、4日目【エントリーできず】

この日は飲み会であったためエントリーはできませんでした。
終電まで飲んで帰ったまでは良かったが、寝過ごしてしまいタクシーで帰るはめになり、なんと5400円も取られてしまいました。

Taka(泣)

FXでも損失が出てるのに、乗り過ごしてタクシーなんてもっとも無意味な消費は抑えていかないと!!

一目均衡表5日目【微益撤退】

一目均衡表を使ったチャレンジも最終日。

この日は比較的早いタイミングでエントリーできました。

19時13分に106.857売りでエントリー。

やはりこの時も入射角が甘かったことが原因なのか大きな値動きがなく、少し上がって少し下がってを繰り返していました。

結局うろうろしているだけだったため、利益が出ているうちに決済することにしました。

19時49分に106.850で決済し、70円の利益がでて終わりました。

Taka(笑)

かなりしょぼい利益・・・でもマイナスになるよりはマシや!!

このまま次の機会を伺っていましたが、連日の疲れで眠かったことと、次の日スノボーに行くために早起きしなければならず早めに寝ることにしました。

エントリー回数が少なくてすみません。

まとめ

一目均衡表をつかってやってみた結果を発表します。

結果はマイナス600円!!(タクシー代を入れるとマイナス6000円w)

今回はエントリー回数が少なかったということもあるが、そこまで大きなマイナスにはなりませんでした。

1000円以上の利益を出したエントリーもありましたし、1000円越えのマイナスだって利確のタイミングを間違わなければマイナスになることはありませんでした。

やはり利確と損切りのタイミングが非常に難しいと感じました。

これは今後やっていく中でずっと付きまとってくる課題で、どこかで見極める手法を見つけなければならないと思います。

一目均衡表を使った取引は非常にわかりやすく、結果もある程度ついてくると感じたためお勧めできます。

おまけ

みなさん今回の途中からFXチャートのキャプチャ画像が変わっていることにお気づきでしょうか。

実は色々あってFX口座を変えることになりました。

今回使用していたのはあのYahoo!が提供しているYJFXです。

YJFXはcymo(サイモ)というアプリを使って取引を行います。

Taka(笑)

サイモというだけあって、画面の後ろにひっそりとサイが写っているところがなんとも愛くるしい。

画面は至ってシンプルでわかりやすく、各ボタンが大きいため非常に押しやすかったりと使用感は抜群です。

今後もYJFXを使って取引を行っていきますが、またどこかのタイミングでFX口座を変更し、各会社でどう違うのかをレビューしていきたいと思っています。

これからFXを始めるという方達の参考になるように実際アプリを使ってみたありのままの感想をそのまま伝えていこうと思います。